蜂の子健康サイト

蜂の子の栄養成分ってどんなもの?

蜂の子は栄養たっぷりの食べ物であることは、昔から広く知られています。
実際にはどのような成分が含まれているのでしょうか。
蜂の子に含まれる栄養成分と、その効果について調べてみましょう。

蜂の子はミツバチをはじめとして、スズメバチやアシナガバチの幼虫やサナギなど多くのハチの幼虫やサナギを指します。
これらのハチの中でもメスは女王蜂や働き蜂となるので、主に蜂の子となるのはオスのハチです。

蜂の子は古くから日本では貴重なたんぱく源として食され、今での郷土料理として残っています。
蜂の子は、日本以外でもルーマニアやタイ、メキシコなど国で食べる習慣があります。

さまざまな国で食されてきたのは、その栄養成分です。

まず着目したいのは、たんぱく質です。
蜂の子の小さな体に良質なたんぱく質が含まれています。
他にもビタミン類やミネラルも豊富な上、必須アミノ酸までバランス良く含まれるので、まさに天然の万能食と言えるでしょう。

効果については、その良質なたんぱく質により、筋肉や内臓といった体の組織を構築する機能から体力を増強する力に優れています。
体力を増強する力によって、老化防止の効果も確認されています。

また、ビタミンが豊富なことで免疫力を高める効果があります。
抗菌作用も持っている蜂の子なので、免疫力を高める効果としては相乗効果があると言えるでしょう。

甘露煮など食材として摂取するには量に限りがありますが、サプリメントとしてさまざまなタイプのものがあるので、上手に活用することをおすすめします。